越谷で30年 英語 フランス語 ドイツ語 小中高大学 進路指導

  • TEL 048-964-1184

  • 【お問い合わせ・体験受付】14:00-22:40(月ー金)14:00-23:30(土)
 

埼玉県公立高校合格おめでとう!

  • -

埼玉県公立高校合格おめでとう!

埼玉県公立高校入試の合格発表があった。合格した中3の皆さん、本当におめでとう。早朝、メールや電話で合格をいち早く「春日部女子高校に受かりました!」と連絡して来る塾生もいれば、夕方いきなり塾の玄関に飛び込んできて「越谷北高校理数科に受かりました!」と意気込み勇んで報告に来る塾生もいた。皆さん、合格本当におめでとう。「2月はとても長かった! 」「家より塾にいた時間の方が長かった!」「夢みたい!」「とにかく良かったね!」「英作文書けた!」「やはり塾の歴史年表すごい!」口々に喜びの言葉を交わしながら、涙ぐむ塾生もいた。大学、高校受験の塾生の多くは学校から塾へ直帰。持参および届けられた夕飯を教室で食べながら、励ましあっていた光景を何度も目にした。

入試の結果を見ると、北辰テストなどの「公開模擬テスト」の予想や「内申点 調査書点」は参考にはなるものの、本当に重要なのは、本番の「学力検査」の実力点数であることが、改めて分かる。1月、2月の追い込みの時期に、信じられないほど学力は伸びるものである。偏差値として、12月の時期よりも少なくとも5は伸びていた塾生が多くいたように思う。学力の瞬間値は、残念ながら模試によって計れる数値ではない。本人にも分からない。その現場にいると、その潜在的な可能値が予測できるから不思議である。

今年度の大学入試、高校入試の結果を見ても、公開模試の偏差値による判定は相対的な数値であって、受験生が一たび本気を出せば、数字上の相対値とその判定は覆すことが可能な暫定的な「基準」にしか過ぎない事が分かる。参考基準にするには良いが、模試の偏差値によるペーパー上の判定結果をあまり信じすぎないように。せっかくの可能性を、見殺しにしてしまう恐れもあるからだ。

まず何よりも適切な時期に過去問を徹底的に解くこと。しかも繰り返し。本人だけでなく、指導者、助言者も。するとその学校が求めている「学力の評価水準」が見えてくる。その上で、受験する高校、大学が求めている「学力」水準を目指した緻密な対策を行うことが可能となる。模試結果によって下された判定を越える真の実力を生み出すのはそこからだ。生むことは苦しい。なかなか一人では出来ない。適切な助言者とよき指導者に出会う事も重要である。これまで、そのようにして、模試結果を超える成果を成し遂げた塾生を数多く見てきた。今年も然り。

入試のさなか、切迫した時間を生きる中で、彼ら彼女たちは、本来的な生を活き、新しい自己を創造している。毎年、そうした緊迫した現場に立ち会えることに感謝せずにはいられない。受験を終えた塾生の皆さん、ありがとう。そして受験は新たな始まりである事も忘れないで下さい。