越谷で30年 英語 フランス語 ドイツ語 小中高大学 進路指導

  • TEL 048-964-1184

  • 【お問い合わせ・体験受付】14:00-22:40(月ー金)14:00-23:30(土)
 

2020大学入試改革に向けて

  • -

2020大学入試改革に向けて

Category : 入試 , 未分類

2020年から大学入試は大きく変化します。現行のセンター試験はなくなります。それに代わる学力テストが複数回行われ、テスト内容も現在のセンター試験とは異なった「学力観点」による新テストになります。現在の新中2生が、新大学入試の最初の世代になりますが、その改革案に基づいた準備は既に始まっています。とりわけ英語の 入試が根本的に変化します。読んで理解することから、話せて書ける能力が試験内容に組み込まれます。そうした新しい大学入試改革に向けて高校入試も変化してきました。それぞれの教科においては、基礎的な理解度と応用力をはかる「新学力観点」が高校入試にも導入されています。今年度の埼玉県公立高校の入試にもそうした「新学力観点」による問題が出題されています。

その観点の基本は言語力の重視です。理解力と思考力。その表現能力が問われているのです。単なる知識の積み重ね、公式の反復的な利用によって解ける問題も出題されますが、それはあくまでも「基礎力」としては評価されます。しかし重要なのは、その先の「応用力」と言語的な「表現能力」が、いかにして、入試問題として問われ、しかも評価し得るかという事です。これは大変に難しい問題です。共通のペーパーテストとしては、本来問う事のできない観点だからです。

今後、試行錯誤を繰り返しながら、入試改革は進みます。私たち教育の最前線の場において、教師の言語能力と思考力も根本的に問われることになります。そうした緊張感を持って教育に携われる事を、私は歓迎します。教師こそ停滞する事なく、世界の変化に応じて常に対応できる能力を日々磨き、鍛えていく事が必要です。自戒の念を込めて、そうあるべきだと私は肝に銘じて日々授業を行って行きます。