越谷で30年 英語 フランス語 ドイツ語 小中高大学 進路指導

  • TEL 048-964-1184

  • 【お問い合わせ・体験受付】14:00-22:40(月ー金)14:00-23:30(土)
 

Monthly Archives: 10月 2016

  • -

英検合格おめでとう

Category : 英検 

10月8日に行った第2回英検の結果がweb上で公開された。

今回5級を受けた小学生が全員合格した。小学生3年生、4年生を始め小学生の皆さん、おめでとう。合否の結果が出る初めての試験で緊張したと思います。約2ヶ月前から、英検受検希望の小学生は、授業の後に30分のテスト準備授業を行い、基礎力から応用力を身につけて行った。その吸収力は目覚しいものがあり、筆記テスト、リスニングテスト共に高得点での合格だった。小学生だからこその、学ぶことへの新鮮な驚きと喜びを体験しているようだった。

5級に合格した小学生は、今週の月曜日から中学1年英語の授業に参加した。小さな塾生たちの参加に中学生たちは目を見張り驚いた様子。皆一緒に不規則動詞の練習。可愛らしい声が教室いっぱいにあふれた。

 

 


  • -

高校 英語単語テスト、無意味

高校の英語授業の一貫の中に、英単語テストが組み入れられているようだ。しかし、そのテストは全く無意味であるばかりでなく、英語を学ぶ上で害ですらある。市販されている『夢タン』など既成の単語テキストを安易に使用し、単語テストを行なっている高校が多数である。本塾生の高校生から、聞く限り、殆んどの公立高校、私立高校で行われている。高校生いわく。単語テストで覚えた英単語はテストが終わるとすぐ忘れる。長時間テスト勉強したことが無意味で後悔される。無意味な小テストのために、無駄な時間を使い、本来の入試のために必要な時間が取れない。

筆記的な単語テストは、ヨーロッパ言語を学ぶ際には無意味であるどころか、学ぶ障害になる。実は、単語を覚えさせるようなテストによって言語は上達しない。言語を学ぶ意欲も削がせることになる。音の文節の差異が、意味を生むという、言語の本質が存在する。人間の脳が言語を認識するのは、そうした音の文節的差異である。英語を習得し、その後、第二、第三の言語を習得する努力をした者はそのことを身にしみて体験しているはずだ。

高校英語授業の、無意味な英単語テストは至急検討すべきである。現高校生の塾生をみていて、つくずくそう思う。中学、高校の英語教師は、第二外国語を学ぶことに挫折した者が多いのではなだろうか。そう思えてならない。日本人が英語を話せない理由の根本は、中高の英語教師の言語欠陥意識と、言語に対する無理解に由来している。

 

 


  • -

10月8日 第2回英検実施

Category : 未分類

塾生のみなさん、

5級、4級の受検者は、午前9時集合。

3級、準2級受検者は、午後1時集合

2級受検者は、午後4時集合。

英検のため、10月8日の自習は、午後4時から三階教室の使用ができます。

 

 


  • -

11月4日漢検 申し込み終了です

Category : 入試

11月4日漢検の申し込みは終了です。受検者 お皆さん、まずステップ問題集それから過去問です。今回、塾生保護者からの受検申し込みがありました。親子受検2組です。親子で合格すると表彰されるそうです。中3生にとっては最後の漢検です。3級受検者は全て中3生。最後のこの機会を  入試に生かしてもらいたい。


  • -

中間テスト 対策期間中

Category : 入試 , 英検 

現在、定期テスト対策期間中です。

昨日今日と、新人戦のため中学校は午前中授業で帰宅が早く、午後3時頃から塾生が集まり始めました。英検受検者はリスニングの過去問を解いています。中高生は、平日は午後4時から、土曜日は午後1時から、午後11時まで教室の使用が可能です。全科目質問に対応しています。

 


  • -

漢検、数検 の結果を生かすことが大切

Tags :

Category : 学問

8月23日実施の漢字検定、27日実施数学検定の結果が郵送されてきた。合格証を見て大喜びし、家にすぐ連絡する人、数点足らずに涙を飲み、しばらく呆然とする人。検定の合否の結果はその人にとって、何にも変え難い重要な出来事である。何故なら、努力の結果が、残酷なまでにハッキリと判定されてしまうからだ。合格した人は目標を達成した喜びが自信となり、今後の勉強の大きな励みになるだろう。また、合格を逃した人は悔しい思いをし、現実の厳しい洗礼を受け、新たな決意に向けての葛藤を覚えるだろう。それらいずれの体験も、日常では得られない貴重な経験である。

結果を怖がっては、何も経験は生まれない。その意味で、学習者にとって各種検定試験は学ぶことの自主性を身につけ、そのための動機を生み出す貴重な体験である。

小学生で英検3級に受かった人の多くは中学生時に英検2級に受かっている。その中の一人現高校3年の塾生は英検準1級に合格し、関西随意一の有名私立大に、つい先日推薦合格した。

人ひとりの能力は計り知れない可能性を持っている。現行の小中高の教育制度の枠を超えて得意な分野を伸ばすことに、花田義塾は全力で支援している。