越谷で30年 英語 フランス語 ドイツ語 小中高大学 進路指導

  • TEL 048-964-1184

  • 【お問い合わせ・体験受付】14:00-22:40(月ー金)14:00-23:30(土)
 

2020 大学 新入試 小論文的 記述問題 導入

  • -

2020 大学 新入試 小論文的 記述問題 導入

Category : 入試 , 学問 , 教育 , 言語

国立大学協会入試委員会が、2020年新共通テストに、理系、文系を問わず、国語を基本とする「論述問題」を二題出題することを発表した。

「複数の素材を編集し、操作し、自らの考えを立論し、さらにそれを表現するプロセスを評価できる問題」であるそうだ。

新共通テストで論述問題を出題する事に大賛成である。とりわけ評価できるのは、国語を基本とする、理系、文系、両者に対する論述問題の出題という点である。

国語を共通するという前提は、言い換えると、受験者に言語能力を問うということだ。

この答申を受け、私立大学も論述問題を、現在以上に重視する大学が増えるだろう。

言語力とは、思考力と表現力、分析力と統合力である。同時に感性と知性のバランスも表現を通して現れ出てくる。

こうした大学入試の変革は、高校、中学、小学校の教育に大きく影響及ぼすだろう。

花田義塾は言語力を問う入試改革を歓迎する。