越谷で30年 英語 フランス語 ドイツ語 小中高大学 進路指導

  • TEL 048-964-1184

  • 【お問い合わせ・体験受付】14:00-22:40(月ー金)14:00-23:30(土)
 

Category Archives: 天文学 宇宙

  • -

火星大接近中

image

7月21日、多くの塾生達と天体観測会を行いました。

日没後の、南西に傾く、上弦の月、その近くの木星、南天の土星、西の空から、観測を進めているうちに、ようやく火星が東南の空に昇り始めてきました。

天体を望遠鏡の視野に追い続ける、操作は、小学生6年の橋本くん、小学生4年の前田くんが引き受けてくれました。天体望遠鏡の難しい操作を素早くおぼえ、次々にやって来る中学生、高校生の塾生達、そして保護者、その家族の皆さんに、月面のクレーターや、木星のガリレオ衛星をピンポイントで見せてくれました。ありがとう。

また次回もお願いします。

 

 

 

 


  • -

5月末、火星接近 天体観測会 予定

今年の最初の天体観測会は、5月31日に2年2ヶ月ぶりに接近する火星観測になりそうだ。大接近とまではいかず中接近くらいだが、光度はマイナス2・0等級程で、この時期全天で一番明るく輝いているに違いない。しかも、恒星のようにチカチカとは瞬かずに異様に赤々と光っているのですぐ火星と分かるだろう。

観測日は天体望遠鏡を設置する予定。慣れてくれば表面の模様がよく見えるようになる。望遠鏡の接眼レンズに軽く目をあて、火星が視野に入ったら、凝視せず、軽くまばたきをする。すると鮮やかな視界が目に飛び込んでくる。慣れるまでは時間がかかるので、火星観測の前に月面観測で目を慣らす練習が必要かもしれない。

5月末は梅雨が近いので天候が心配。昨年のペルセウス座流星群、獅子座流星群、双子座流星群の観測日は、いずれも悪天候で観測が出来なかった。集まった塾生の「残念」!に尽きるという大きなため息が思い出される。今年は何とか、観測会を実現したいものである。参加する男子塾生の皆さん、望遠鏡を設置し、赤道儀の操作を手伝って下さいね。


  • -

国立大学前期入試発表 合格 おめでとう!

国立大学前期入試合格発表があった。越谷北高校 理数科の高3塾生から合格メールが届いた。新潟大学理学部 地質学科 合格。地球の内部を研究したいという念願を貫いての合格だ。偉いと思う。中3の冬、寒い夜空を見上げながらふたご座流星群の観測をしたり、そのあと、夜明けまで天体望遠鏡赤道儀の操作を頼み、木星表面を観測した事を思い出す。自分の小遣いで買っている雑誌「ニュートン」もよく貸して貰った。宇宙、地球に対する興味が大学へと導いていった。学ぶことの動機の重要さを改めて知ったように思う。新たな一歩本当におめでとう。